読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わりの日

誰も真面目に調べない終末論、聖書預言の考察

聖書考古学の世界

 

f:id:kani55:20160815175133j:plain

 

 

聖書に書かれた歴史は事実なのか? まずはThe Bible's Buried Secrets (米国/2008)という考古学ドキュメンタリーの紹介からです。
聖書に懐疑的な学者の側からのドキュメンタリーなので時々「?」なところもありますが気にせずに聞き流していきましょう。
例えば学者たちはイスラエル人がもともとカナンの地にいた人々で革命のようなことが起こったという仮説を提唱していますが、それだとカナンにあった偶像を全て破壊する理由にはならないですよね。奴隷となっていた人が自分たちの王は倒したとしても神々まで破壊するでしょうか?住居の建て方まで変えるでしょうか?わざわざ土器の作り方まで変えるでしょうか?おかしいですよね!

まああらゆる可能性を検証していくのが科学ですから仕方ないですね。

 

 

 旧約聖書の埋もれた秘密 【前編】 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=_dG5HKtwfkM
旧約聖書の埋もれた秘密 【後編】 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=xJHMQJ-X-rQ

 

エジプトの戦勝記念碑(BC1208年に作られたメルエンプタハ石碑)には東の民イスラエルの名が記録されています。
これは、イスラエル民族が確かに存在した証拠です。

 

Merneptah Stele - Wikipedia, the free encyclopedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Merneptah_Stele

 

列王記上
1Ki 14:25 レハベアムの王の第五年にエジプトの王シシャクがエルサレムに攻め上ってきて、
1Ki 14:26 主の宮の宝物と、王の宮殿の宝物を奪い去った。彼はそれをことごとく奪い去り、またソロモンの造った金の盾をみな奪い去った。

 

レハベアムはソロモンの息子であり、ソロモンの死後5年後にシシャクが攻め込んできたことになります。
エジプト史によるとシシャク王(BC945年 - BC924年)BC925年に侵攻しているため、この5年前、ソロモンの没年はBC930年ということになります。

 

エジプト第22王朝 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%88%E7%AC%AC22%E7%8E%8B%E6%9C%9D

 

また1993年、ダビデ王の存在を示す証拠が発見されます。
それはダマスカスの王ハザエルがアラム語で書かせた戦勝碑の断片で、ダビデの家を根絶やしにした」と書かれていました。

 

f:id:kani55:20160815180048j:plain

 ハザエルといえばエリヤに油を注がれてアラムの王となった人でしたね。


テル・ダン石碑 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%B3%E7%9F%B3%E7%A2%91

 

ソロモン王BC930年死去 ダビデ王BC1010年頃?即位
少なくともBC7世紀には聖書が存在していた痕跡が残っているようです。


動画中では出エジプトの時代のファラオがラムセス2世だと言ってますが、これは間違いでたぶんアメンホテプ4世アクエンアテンです。
そしてその子ツタンカーメン出エジプト記での第十のわざわい(すべての初子が撃たれる)で死亡したファラオの長子です。

イスラエルの民を追うために、彼は大急ぎで埋葬されたようです。
その後埋葬を担当したであろうエジプト軍はすべてイスラエルの民の追撃に参加し、紅海(アカバ湾)で王もろとも海に沈められて全滅しました。
このため墓の正確な位置を知るものが一人もいなくなり、数あるファラオの墓の中でツタンカーメンの墓だけが盗掘を免れたというわけです。

そして3300年の月日が流れ、1922年11月26日の夕刻、ハワード・カーターがツタンカーメンの墓の発掘に成功しました。

 

↓参考動画

#3 出エジプトと紅海(日本語字幕付き)
https://www.youtube.com/watch?v=wmxGs29wfsw
#4 ツタンカーメンとは誰だったのか?(日本語字幕付き)
https://www.youtube.com/watch?v=f5BfZZOH_QA

 

ツタンカーメン王はマラリアで死亡、アクエンアテン王が父 ついになぞが明らかに 写真17枚 国際ニュース:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/2696217


10のわざわいと紅海での出来事によって王とその跡継ぎと軍隊がいっぺんに亡くなってしまったことにより、当時のエジプトは大混乱に陥ったことでしょう。
ツタンカーメンの妻であったアンケセナーメンは19歳の夫(ツタンカーメン)が突然死し、王と軍隊はイスラエル人を追ったまま帰ってこないのでヒッタイトの王、シュッピルリウマ1世にその王子を婿に迎えて国王としたいとの手紙を送りました。
シュッピルリウマ1世は、王子ザンナンザをエジプトに送ったが、旅の途中で暗殺されています。



アクエンアテンツタンカーメンあたりの年代は?だらけでよくわからないみたいですが、おそらく改ざんされてると思われます。
特にエジプト史やヒッタイト史はわけわからなくされてるみたいですね。

モーセと争ったとされるファラオもいろんな説が入り乱れてわけわからなくされています。

 

さて、ソロモン王の即位まで年代がわかると、聖書の記述を元に天地創造の年代まで逆算できるようになります。

 

列王記6:1
イスラエルの人々がエジプトの地を出て後四百八十年、
ソロモンがイスラエルの王となって第四年のジフの月すなわち二月に、ソロモンは主のために宮を建てることを始めた。

 

ソロモンの死去がBC930年です。 ※エジプトのメルエンプタハ戦勝記念碑と聖書の記述の一致から

ソロモンの統治は40年でしたから王位についたのがBC970 その第4年966+480、そうすると出エジプトがBC1446年

 

Exo 12:40 イスラエルの人々がエジプトに住んでいた間は、四百三十年であった。

 

との記述からエジプト定住(ヨセフ)がBC1876
大洪水からヨセフまでが582年ですから
ノアの洪水が引いたのがBC2458、このときノアが600歳でした。

あとは創世記の系図から逆算しアダムが創られたのがBC4114、2016年現在、数字通りだと6130年前です。
(ただし、ユダヤ暦太陰暦を使っていたので細かいところはよくわかりません!)

まあとりあえず天地創造から6000年前後というわけですね。


もっと見たい人はここらへんを
↓↓↓
聖書考古学ドキュメンタリー │ 旧約聖書は歴史的事実か?* - YouTube
https://www.youtube.com/playlist?list=PLb2Nwr3yYJ4NN8uE_oyzzeM9Tx5Oe6joM

 

 


おしまい。