読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わりの日

誰も真面目に調べない終末論、聖書預言の考察

ちょっとだけ携挙の話

f:id:kani55:20170104151323j:plain

あけましておめでとうございました。
黙示録は時系列になってます。私が艱難の前に教会の携挙が起こると考える根拠となるのが以下の聖句です。確かジョン牧師が言ってたと思います。

 

Rev 4:1 その後、わたしが見ていると、見よ、開いた門が天にあった。そして、さきにラッパのような声でわたしに呼びかけるのを聞いた初めの声が、「ここに上ってきなさい。そうしたら、これから後に起るべきことを、見せてあげよう」と言った。

 

黙示録4章は艱難の直前です。これが神のラッパでしょう。

1コリントにはこうありますね

1Co 15:51 ここで、あなたがたに奥義を告げよう。わたしたちすべては、眠り続けるのではない。終りのラッパの響きと共に、またたく間に、一瞬にして変えられる。
1Co 15:52 というのは、ラッパが響いて、死人は朽ちない者によみがえらされ、わたしたちは変えられるのである。


1テサロニケには

1Th 4:16 すなわち、主ご自身が天使のかしらの声と神のラッパの鳴り響くうちに、合図の声で、天から下ってこられる。その時、キリストにあって死んだ人々が、まず最初によみがえり、
1Th 4:17 それから生き残っているわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、空中で主に会い、こうして、いつも主と共にいるであろう。
1Th 4:18 だから、あなたがたは、これらの言葉をもって互に慰め合いなさい。


というわけで携挙が起きるのは神のラッパが鳴る時です。
こればかりですが、もうすぐです!このあとすぐ!

 AmirさんのQ&Aで面白い質問がありましたね~。

「携挙の時、ペットたちはどうなるのか?」

 いやーどうなっちゃうんでしょうね?神様のことだから家族全員携挙されるなら、一緒に上げちゃうんじゃないですかね~。

ケージに入れられたままとか繋がれたまま残されたらかわいそうですもんね~。

 

Rev 22:17 御霊も花嫁も共に言った、「きたりませ」。また、聞く者も「きたりませ」と言いなさい。かわいている者はここに来るがよい。いのちの水がほしい者は、価なしにそれを受けるがよい。

 


おしまい。