読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わりの日

誰も真面目に調べない終末論、聖書預言の考察

イスラム教徒への救い

f:id:kani55:20161107153843j:plain

 

中東では、危機の中でイスラム教徒の皆さんが続々とクリスチャンになってるそうです。なんと夢や幻でイエス様に出会う人が次々と現れてるんですね。かーっ、羨ましいなー!

 

シリアの難民の人々が何千人もイエス様に会って改宗しているという話。
The Rest of the Muslim Refugee Story: Muslims Meeting Jesus by the Thousands
http://cnsnews.com/commentary/eric-metaxas/rest-muslim-refugee-story-muslims-meet-jesus-thousands

なんでシリアなの?って思う人もいるかもしれませんがゼカリヤ9章にはこうあります。


Zec_9:1  託宣 主の言葉はハデラクの地に臨み、ダマスコの上にとどまる。アラムの町々はイスラエルのすべての部族のように主に属するからである。
Zec 9:2  これに境するハマテもまたそのとおりだ。非常に賢いが、ツロとシドンもまた同様である。

 

アラム人はシリア人みたいですね。ハマテは現在のシリアの都市 ハマーです。ハデラクもハマテのすぐ近く。それからツロとシドンはレバノンです。

 

しばらく前からイランでも福音を聞いてクリスチャンとなる人が現れているそうです。これはイラン上層部がイスラエル攻略に躍起になるわけですね。


イエス・キリストご自身の顕れによる、イランでの霊の覚醒 | HULDAH MINISTRY
http://huldahministry.blogspot.com/2016/01/blog-post.html

一部引用

今日イランで驚くべき奇蹟が起こっています。
シーア派イスラム教国のイランで、キリスト信仰が爆発的に広がっているのです。
イラン人ホルモズ・シャリアト氏の宣教活動の証しを、トロイ・アンダーソン氏の手記でご紹介します。
この奇蹟は、人の技、努力ではなく、キリストご自身が関わっておられますから、日本にも起こりうることです。この証しを読んで、日本の方たちの魂の救いのために、日本にもキリストご自身が働いてくださるようにと、祈り求めることの大切さを感じられた方は多いのではないかと思います。
日本にもヨエル書2:28-29の預言が成就することを信じ、祈りましょう!

 

大事なことはここですね。

 

イランの聖職者たち、指導者たちは、あなたの敵ではない。彼らは道に迷った子どもたちだ。敵はただひとり。サタンだ。あなたがサタンに傷を負わせたいなら、伝道をすることだ。人々をキリストに導くことがサタンをひどく痛めつけることになる」と。

 

 

「イスラム最高指導者の子孫が、死の瀬戸際でイエスに会う」
https://www.youtube.com/watch?v=Enc_OcQnwuQ

なんとアッラーは癒してくれないのでイスラム教徒は癒しを祈らないそうです。これ割と衝撃的な告白。なんか途中ワケワカラナイ事も言ってますが、まあ気にせずにいきましょう。

 

オリーブ山便り から本にもなったハマスの息子のお話し
SonofHamas.pdf
http://mtolive14.web.fc2.com/SonofHamas.pdf

 

救われた人はなんというかもう顔色から変わっていきますね。

どんなに主から遠くにいる人でも、会ってしまったら信じざるを得ないですからね。

イスラエルを火の海にすると脅しているハマスやイランの人々ですら主が憐れみをかけてくださるなら、日本の人々も安泰でしょう!(楽観)たとえ、運悪く福音が全くとどかない場所にいたとしても、御心にかなう人は必ず主ご自身が働きかけて救ってくださることでしょう。安心して携挙されましょう~。

マラナター。

 

エレミヤ9章

Jer_9:23 主はこう言われる、「知恵ある人はその知恵を誇ってはならない。力ある人はその力を誇ってはならない。富める者はその富を誇ってはならない。
Jer_9:24 誇る者はこれを誇とせよ。すなわち、さとくあって、わたしを知っていること、わたしが主であって、地に、いつくしみと公平と正義を行っている者であることを知ることがそれである。わたしはこれらの事を喜ぶと、主は言われる」。

 

 

 

 

おしまい。