読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わりの日

誰も真面目に調べない終末論、聖書預言の考察

終わりの日と気候変動

f:id:kani55:20160922163012j:plain

 


2016年の夏は観測史上最高の暑さだったようです。
確かに暑かったですがまだ耐えられる範囲でしたね。
ニュースを眺めていると世界各地で異常気象が報告されています。体感ですが今年はあちこちで洪水が多かったですね。
聖書には、第四つの鉢の裁きにおいて、太陽が人々を焼くことが預言されています。
また一方で太陽は暗くなることも預言されています。

 

2016年前半は「観測史上最高の暑さ」だった|WIRED.jp
http://wired.jp/2016/07/21/2016-record-warmth/


Rev 16:8 第四の者が、その鉢を太陽に傾けた。すると、太陽は火で人々を焼くことを許された。
Rev 16:9 人々は、激しい炎熱で焼かれたが、これらの災害を支配する神の御名を汚し、悔い改めて神に栄光を帰することをしなかった。

 

これは神様の嫌われる太陽崇拝者への裁きだと思われます。別の部分では星が落ちることも預言されていますが、こちらも天体崇拝者への裁きでしょう。


Eze 8:15 その時、彼はわたしに言われた、「人の子よ、あなたはこれを見たか。これよりもさらに大いなる憎むべきことを見るだろう」。
Eze 8:16 彼はまたわたしを連れて、主の家の内庭にはいった。見よ、主の宮の入口に、廊と祭壇との間に二十五人ばかりの人が、主の宮にその背中を向け、顔を東に向け、東に向かって太陽を拝んでいた。


そして黙示録9:2では例の底知れぬ所から煙が上がって暗くなることが書かれています。これが暗さの原因でしょう。

Rev_9:2 そして、この底知れぬ所の穴が開かれた。すると、その穴から煙が大きな炉の煙のように立ちのぼり、その穴の煙で、太陽も空気も暗くなった。


ゼパニア書にもその日が暗いことが書かれていますね。
Zep 1:15 その日は怒りの日、なやみと苦しみの日、荒れ、また滅びる日、暗く、薄暗い日、雲と黒雲の日、


逆にイザヤ30章には再臨の時(再臨後?)に太陽が七倍まで輝くことが書かれています。

Isa 30:25 大いなる虐殺の日、やぐらの倒れる時、すべてのそびえたつ山と、すべての高い丘に水の流れる川がある。
Isa 30:26 さらに主がその民の傷を包み、その打たれた傷をいやされる日には、月の光は日の光のようになり、日の光は七倍となり、七つの日の光のようにになる。


さらにゼカリヤ14章

Zec 14:5 わが山の谷はふさがれる。裂けた山の谷が、そのかたわらに接触するからである。そして、あなたがたはユダの王ウジヤの世に、地震を避けて逃げたように逃げる。こうして、あなたがたの神、主はこられる、もろもろの聖者と共にこられる。
Zec 14:6 その日には、寒さも霜もない。
Zec 14:7 そこには長い連続した日がある(主はこれを知られる)。これには昼もなく、夜もない。夕暮になっても、光があるからである。

 

太陽の出力は上がりつつも、煙によって暗くなるんでしょうか。
エコだ脱オイルだなんて言ってますが今流行りの太陽光発電は終わりの日には暗くなっちゃってダメかもわからんですね。石油の時代は終わった終わったとメディアで流しつつ油田確保に全力が注がれているのはつまりそういうことでしょう。


暑くなったり暗くなったりする一方で雹が降るんですね。常識の通じない気候になるみたいですね。最近常夏のサモアで雹が降ったそうです。たぶんこんな感じなんでしょう。

Samoa hit by hail storm so rare residents thought it was a hoax | World news | The Guardian
https://www.theguardian.com/world/2016/sep/19/samoa-hit-by-hail-storm-so-rare-residents-thought-it-was-a-hoax


Rev_8:7 第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が焼け、また、すべての青草も焼けてしまった。

Rev_11:19 そして、天にある神の聖所が開けて、聖所の中に契約の箱が見えた。また、いなずまと、もろもろの声と、雷鳴と、地震とが起り、大粒の雹が降った。

Rev_16:21 また一タラントの重さほどの大きな雹が、天から人々の上に降ってきた。人々は、この雹の災害のゆえに神をのろった。その災害が、非常に大きかったからである。

 

雹もだんだん大きくなっていくようです。諸説ありますが1タラントは20㎏~50㎏です。どんな感じになるのかは↓を参考に。

 

今年5月にトルコで降った雹
トルコを襲った破壊的な雹(ひょう) - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=WUVZk4GnFcw

 

アルゼンチンを襲った爆撃のような雹 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=wjTBAdL0SJI

 

このサイズで車のガラスが割れます
Hail Storm Freaks of Nature & largest hail stone ever recorded recreation - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=6JbU0dIq70E

 

地球はこれからもっとでたらめな気候になっていくと予想されます。
信じてる人も信じてない人も、準備はいいですか??
聖霊がみなさんと共にありますように。

 

Hos 4:1  イスラエルの人々よ、主の言葉を聞け。主はこの地に住む者と争われる。この地には真実がなく、愛情がなく、また神を知ることもないからである。
Hos 4:2  ただのろいと、偽りと、人殺しと、盗みと、姦淫することのみで、人々は皆荒れ狂い、殺害に殺害が続いている。
Hos 4:3  それゆえ、この地は嘆き、これに住む者はみな、野の獣も空の鳥も共に衰え、海の魚さえも絶えはてる。

 

Zep 1:2 主は言われる、「わたしは地のおもてからすべてのものを一掃する」。
Zep 1:3 主は言われる、「わたしは人も獣も一掃し、空の鳥、海の魚をも一掃する。わたしは悪人を倒す。わたしは地のおもてから人を絶ち滅ぼす」。

 

 


関連記事
終わりの日に天体に現れるしるし

 

 

おしまい。