読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わりの日

誰も真面目に調べない終末論、聖書預言の考察

強くかつ勇ましくあれ。

f:id:kani55:20160905074755j:plain

 

終わりの日が来れば、信じるものには、必ず迫害があるでしょう。
私の経験から言いますと、もし聖霊があなたと共におられるなら、迫害はあなたの魂を清めるものとなるでしょう。

神様は神を信じる人に乗り越えられない試練をお与えになることはありません。
最初のうちは苦しみを伴うかもしれませんが、どうか耐え忍んでください。日々魂が新しくされ、迫害を受けても怒ることがなくなります。
怒ること遅く、なんてレベルじゃなくなります。いずれ怒りも恐れも取り去られるでしょう。迫害は信仰を確信に変えるでしょう。毎日神様に祈りましょう。辛いことはすべて神様に訴えましょう。恵みの神様はすべての重荷を負ってくださいます。
神が我らと共にあることを忘れないでください。

「わたしは、決してあなたから離れず、決してあなたを置き去りにはしない」と言われた主に信頼しましょう。

 

エペソ4章
Eph_4:26 怒ることがあっても、罪を犯してはならない。憤ったままで、日が暮れるようであってはならない。

 

詩篇37篇

Psa 37:8  怒りをやめ、憤りを捨てよ。心を悩ますな、これはただ悪を行うに至るのみだ。
Psa 37:9  悪を行う者は断ち滅ぼされ、主を待ち望む者は国を継ぐからである。

 

1テサ5章
1Th 5:16 いつも喜んでいなさい。
1Th 5:17 絶えず祈りなさい。
1Th 5:18 すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって、神があなたがたに求めておられることである。

 

ハバクク3章
Hab 3:17 いちじくの木は花咲かず、ぶどうの木は実らず、オリブの木の産はむなしくなり、田畑は食物を生ぜず、おりには羊が絶え、牛舎には牛がいなくなる。
Hab 3:18 しかし、わたしは主によって楽しみ、わが救の神によって喜ぶ。


キリストにありながら迫害が全くないという人はすでに清められたか、サタンに見つかっていないか、あるいは全く障害とならないどうでもいい存在であるということです。終わりの日にあっては、むしろ迫害が全くないことを恐れるべきでしょう。

 

ルカ6章

Luk 6:26  人が皆あなたがたをほめるときは、あなたがたはわざわいだ。彼らの祖先も、にせ預言者たちに対して同じことをしたのである。

 

以下は聖書に忠実な信仰を守ったために殉教者となった先人たちの物語です。

 

86歳の殉教者 ポリュカルポス
http://lvjcc0822.blog60.fc2.com/blog-entry-606.html


映画『アルプスのイスラエル』~忘れ去られたワルデンセスの歴史* - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=NFV6HwL2mcg

 

映画『ヨハン・フス』日本語字幕付き* - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=pE8bq_zgPFI

 


ヤコブ5章
Jas 5:10 兄弟たちよ。苦しみを耐え忍ぶことについては、主の御名によって語った預言者たちを模範にするがよい。
Jas 5:11 忍び抜いた人たちはさいわいであると、わたしたちは思う。あなたがたは、ヨブの忍耐のことを聞いている。また、主が彼になさったことの結末を見て、主がいかに慈愛とあわれみとに富んだかたであるかが、わかるはずである。

 

エペソ4章
Eph 4:21 あなたがたはたしかに彼に聞き、彼にあって教えられて、イエスにある真理をそのまま学んだはずである。
Eph 4:22 すなわち、あなたがたは、以前の生活に属する、情欲に迷って滅び行く古き人を脱ぎ捨て、
Eph 4:23 心の深みまで新たにされて、 
Eph 4:24 真の義と聖とをそなえた神にかたどって造られた新しき人を着るべきである。

 

黙示録2章
Rev_2:10 あなたの受けようとする苦しみを恐れてはならない。見よ、悪魔が、あなたがたのうちのある者をためすために、獄に入れようとしている。あなたがたは十日の間、苦難にあうであろう。死に至るまで忠実であれ。そうすれば、いのちの冠を与えよう。

 

黙示録3章
Rev 3:5 勝利を得る者は、このように白い衣を着せられるのである。わたしは、その名をいのちの書から消すようなことを、決してしない。また、わたしの父と御使たちの前で、その名を言いあらわそう。
Rev 3:6 耳のある者は、御霊が諸教会に言うことを聞くがよい』。

 

申命記31章
31:8 主御自身があなたに先立って行き、主御自身があなたと共におられる。主はあなたを見放すことも、見捨てられることもない。恐れてはならない。おののいてはならない。」

 

 ヨハネ16章

Joh 16:33  これらのことをあなたがたに話したのは、わたしにあって平安を得るためである。あなたがたは、この世ではなやみがある。しかし、勇気を出しなさい。わたしはすでに世に勝っている」。

 

 

 

おしまい。