読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わりの日

誰も真面目に調べない終末論、聖書預言の考察

イスラエルの復興預言について

 

エゼキエル書36、37章にはイスラエルの復興について書かれています。

預言者エゼキエルが神の言われたままに山々や骨に向かって預言し、イスラエルの家の散らされた者たちを再び約束の地カナンへと集めるというものです。

エゼキエルは、旧約聖書に登場する紀元前6世紀頃のバビロン捕囚時代におけるユダヤ人の預言者です。

聖書の時代の預言の成就についてはいろんな人が記事を書きまくってるので今更書こうとは思いません細かいことは下記のリンクを読んでください。

 

イスラエル復興 - 聖書の終末預言を詳しく学ぼう 文明の始まりから終わりまで

そんなわけで、経緯はどうあれナチスによるホロコーストで文字通り骨のようになっていたユダヤ人たちはイスラエルの地に集められ、1948年、イスラエルは独立を宣言し、歴史の表舞台へと戻ってきました。

1900年の間世界地図から消えていた国が再び姿を現したのです。

参考リンク↓

ティーチングレター「-12の鍵- イスラエルに対する今日の予言 Part-1」
http://www.bfpj.org/know/teachingletter/?id=13

ティーチングレター「-12の鍵- イスラエルに対する今日の予言 Part-2」
http://www.bfpj.org/know/teachingletter/?id=14

ティーチングレター「奇跡の国-イスラエル -前編-」|B.F.P. Japan
http://www.bfpj.org/know/teachingletter/?id=110

ティーチングレター「奇跡の国-イスラエル -後編-」|B.F.P. Japan
http://www.bfpj.org/know/teachingletter/?id=111

 

※イザヤ書にもイスラエル復興の預言がありました。

Isa 11:10  その日、エッサイの根が立って、もろもろの民の旗となり、もろもろの国びとはこれに尋ね求め、その置かれる所に栄光がある。
Isa 11:11  その日、主は再び手を伸べて、その民の残れる者をアッスリヤ、エジプト、パテロス、エチオピヤ、エラム、シナル、ハマテおよび海沿いの国々からあがなわれる。
Isa 11:12  主は国々のために旗をあげて、イスラエルの追いやられた者を集め、ユダの散らされた者を地の四方から集められる。
Isa 11:13  エフライムのねたみはうせ、ユダを悩ます者は断たれ、エフライムはユダをねたまず、ユダはエフライムを悩ますことはない。
Isa 11:14  しかし彼らは西の方ペリシテびとの肩に襲いかかり、相共に東の民をかすめ、その手をエドムおよびモアブに伸べ、アンモンの人々をおのれに従わせる。

 

アッスリヤ=現シリア~イラク

エラム=現イラン

ペリシテ=ガザ

エドム、モアブ=イスラエル、ヨルダン南部

アンモン=ヨルダン

 

1994年10月 イスラエルヨルダン平和条約

 

エゼキエル37章

Eze 37:11  そこで彼はわたしに言われた、「人の子よ、これらの骨はイスラエルの全家である。見よ、彼らは言う、『われわれの骨は枯れ、われわれの望みは尽き、われわれは絶え果てる』と。
Eze 37:12  それゆえ彼らに預言して言え。主なる神はこう言われる、わが民よ、見よ、わたしはあなたがたの墓を開き、あなたがたを墓からとりあげて、イスラエルの地にはいらせる。
Eze 37:13  わが民よ、わたしがあなたがたの墓を開き、あなたがたをその墓からとりあげる時、あなたがたは、わたしが主であることを悟る。

 

 

おわり。